ゴッドファーザー

ゴッドファーザー

「ゴッドファーザー」を観た。

The Godfather

もう何度観たかわからない。それでも以前観たのは2007年なので相当前だ。

何度観ても面白いと思う。出演者、脚本、演出、音楽、すべてが素晴らしい仕事。
マーロン・ブランドが40代ながら60代を演じてばっちりはまる。
アル・パチーノやロバート・デュバルがとても若い。当たり前だけど。

とにかく最初から最後まで面白い。

マイケル(アル・パチーノ)が仕事をして潜伏のためシチリアへしばらく身を隠すのだが、そこで出会って一目惚れしてしまった女性がいて結婚するも車に仕掛けられた爆弾で死ぬ。この悲劇の女性はシモネッタ・ステファネッリ(Simonetta Stefanelli)という、ちょっとカタカナで表記すると何だかな名前の人なんだが、この女優の娘もまた女優で、その名をヴィオランテ・プラシド(Violante Placido)という。

このヴィオランテ・プラシドは、「ラスト・ターゲット」でジョージ・クルーニーと随分と体当たりだった人なのだ。ゴルゴ13みたいなジョージ・クルーニーと半端ない交流があった女性である。あの人か!

この事実を知ったときはえらく驚いた。
歴史は繰り返すのである。よくわからないが。

1972年(第45回)アカデミー賞
作品賞受賞
主演男優賞受賞(マーロン・ブランド)…受賞拒否
助演男優賞ノミネート(ジェームズ・カーン)
助演男優賞ノミネート(ロバート・デュバル)
助演男優賞ノミネート(アル・パチーノ)
監督賞ノミネート(フランシス・フォード・コッポラ)
脚色賞受賞

あわせて読みたい