ミケランジェロ・プロジェクト

「ミケランジェロ・プロジェクト」を観た。

何とジョージ・クルーニーの監督脚本製作主演なのである。
共演にマット・デイモン、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ジャン・デュジャルダンなど。
またジョージ・クルーニーとマット・デイモンか。なんか食傷気味のキャスティングだが、さらに日本語吹き替えでケイト・ブランシェットを工藤静香があてており、これが相当にひどい出来だった。

第二次世界大戦のなか、ナチスは各国を占領した際に美術品を根こそぎ略奪した。その美術品を奪還し保護するために動いた男たちの物語だ。戦闘シーンはほとんど無い。
ナチスが敗退し占領した町から撤退する際に美術品を破壊しないかを心配したことと、略奪し集められた美術品が終戦の間際で破壊されないかを心配したのだ。(実際に、美術品がナチスの手で破壊されるシーンも描かれる)

インディ・ジョーンズ」と「シンドラーのリスト」と「アンタッチャブル」を足して3で割ったような作品か。なんで「アンタッチャブル」が入るかというと、このプロジェクトのために数名で行動してるのだけど2人が志半ばにして死別するから。

ジョージ・クルーニーの作品づくりのやや詰めの甘いところが浮き彫りになってるという感じでしょうか。
魂削ってクリエイティブしてる感じがないですね。なんとなく場面が進んでいって、クライマックスにむかって盛り上がるわけでもなし。クライマックスはどこにあったんだろうという地味な終わり方。
そして「シンドラーのリスト」のような取ってつけたエンディング。なんだあれは。

マット・デイモンとケイト・ブランシェットのエピソードがあまりに空回りすぎて、本当は重要な役割の担い手にも関わらず地雷のエピソードとかでお茶を濁すあたり、バランスがとても悪いなと思った。
ジョージ・クルーニーは出演だけのほうがいいと思う。

あわせて読みたい