クリミナル

クリミナル

「クリミナル」を観た。

Criminal

ジョージ・クルーニーとソダーバーグが製作にいる…非常に嫌な予感だ。2004年の映画。
ジョン・C・ライリーとかマギー・ギレンホールとか。主役のDiego Lunaは…よくわからない。

詐欺師たちの話だ。騙し騙され。ある出来事から知り合いになった二人。一日だけコンビを組むことにして、とある大きなヤマを踏もうとする。いったい誰が勝つのか?誰が騙されるのか?…というような話。

こういうのを「こねくり回し系」と呼んでいる。舞台となる空間が非常に狭く、そこにいる人たちの思惑とか繋がり・裏切りで立場がどんどん変化し、結局は最後はこうなったみたいな話。詐欺師ものに多い。ソダーバーグ系ともいう。

総じて、そんなに評価はよくない。この映画もそうだった。大きなヤマと、そこに賭けなきゃいけない凄みが希薄なのと、あとはテンポが適切じゃないですね。なんか格好いい音楽を流したいのもわかるけど、それでテンポが悪くなっちゃいけない。

あと最後だよねえ。
あの終わり方はどうなんですかという…ま、そういう気がしないでもなかったけどさ。

ジョン・C・ライリーはもっと良い映画がまわってきて然るべきだと思うんだが。