分身

4087740315.09.LZZZZZZZ.jpg

東野圭吾「分身」を読んだ。

なんか途中からは、だーっと読んだが、やはり満足できなかった。
「あーこれは、驚きの結末とかは、無いだろうな」とわかって、果たしてその通りであった。

ドラマ向けですね。なってるのか?
平易な展開で、根本になってる科学的根拠はしっかりしてるかもだが、話自体は普通。

こういうのが時々出版されるから・・・

途中からだーっと読んでるときは、「もうこいつは早く終わらせて違う本を読もう」という気持ちであった。

読んではいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です