ザ・エージェント

「ザ・エージェント」を観た。

もうここ数年でも、何度か観てる。これとかこれとか。
だから感想なんて特にないようなもんだ。安定感のある映画で、どっちかというとトム・クルーズのスター性を再認識して安心できる映画である。ああ、トム・クルーズってスターですなあと。それで安心するから不思議だ。

やはり最後のほうになるにつれて、それなりに感動していく。
邦題はちょっと…。どっちかっていうと、途中まではトム・クルーズとレニー・ゼルウィガーの話だし、キューバ・グッディング・Jr.がどこにスター選手のポテンシャルが眠っていたのかなんていちいち検証されない。なんでだか才能ある選手だった。
あとトム・クルーズにオスカーがいかずキューバ・グッディング・Jr.にいくわけだが、これは別に贔屓ではないけどトム・クルーズはこれでも受賞できないなら不運だなあと思う。