復讐捜査線

復讐捜査線

「復讐捜査線」を観た。

Edge of Darkness

メル・ギブソン主演。久しぶりの復帰作ということである。
はっきり言ってひどい邦題だし、大丈夫なのか…と思いながら観たのですが…

いやいやいやいや、これは凄く面白かった。
面白いというと違うかもだけど、凄い力作。ぜひ観るべき作品だと思う。

メル・ギブソンは刑事で、久しぶりに娘(Bojana Novakovic、シャマラン製作の「デビル」でエレベーターに閉じ込められる女性)に会うも、謎の襲撃者に撃たれ、娘は死ぬ。自分を狙ったのか?ということで捜査するのだが、そこには驚きの事実が…という話。

ジェイ・O・サンダースは怪しすぎだろう。
この映画、わりと序盤中盤あたりで真相のだいたいのところは掴める。あくまで復讐のプロセスに見所がある。あの牛乳…おそロシア。

凄いなと思う場面ばっかりだった。不思議な協力関係になる謎のフィクサーも、最後は見せ場ばっちりだった。全体的になんでこんなにクオリティ高くなるんだろうと思ったものだが、メル・ギブソンのエキセントリックな演技に依るところが大きいのではないだろうか。なんであんなにシャープに、アクションが決まるんだろうと思う。非常にスピード感が良いのである。

とにかくお薦め。
こんな映画があったとはなあ。

 
復讐捜査線 [DVD]
ウィリアム・モナハン
B005GO576M