[リミット]

「[リミット]」を観た。

以前に観たことある。
子供がどこで知ったのか「[リミット]を観たい」と言い出したのだ。うーん、あれってそんなに面白かったっけ… と記憶が怪しいのだが、じゃあ観てみるかと。ちょうどNetflixで配信開始されていた。

ライアン・レイノルズ主演。というかライアン・レイノルズしか出てこない。あとの登場人物は電話の向こうのみ。
イラクでトラック運転手として勤務していたライアン・レイノルズは武装集団に襲われて気がついたら棺に入れられ埋められていた。ライターとか携帯とかはある。それで助けを求めるのだが…という話。

文字通り息が詰まりそうな状況下である。ライアン・レイノルズはパニックになりながらも電話をかけて助けてくれと懇願する。たらい回しにされる役所関係、留守電で出てくれない家族、あてにならない会社、そして身代金を要求してくる犯人。
棺のなかにはライターと携帯電話をはじめ、懐中電灯やナイフ、自分が所持していた薬も残されている。でも、知力の限りを尽くして切り抜けようとするシーンは皆無で、パニックに向き合う主人公の姿だけだ。終始、運が悪かったみたいな感じになっていて、終わりもあれでは… 救いがなく、とにかく後味の悪い作品だ。
あの会社の人事担当の長い電話なあ… 子供も内容は理解したようで「こいつは最悪だな」と憤慨してた。

まあよくこんなの作ったなという感じ。コンセプト時点ではノリノリだったのだろうか。
本作のあと、類似作も作られた。

ライアン・レイノルズは熱演だった。いまいちフィルモグラフィーに一貫性のない役者だし、顔の目立たないスター性の無さも毎度気になるところではあるが、本作ではかなり良かったのではないかと思う。ポテンシャルはあるんだよなーと。作品に恵まれないのだろうか。