ミス・メドウズ 悪魔なのか? 天使なのか?

ミス・メドウズ 悪魔なのか? 天使なのか?

「ミス・メドウズ 悪魔なのか? 天使なのか?」を観た。

Miss Meadows

2014年の作品で、ケイティ・ホームズ主演の88分という小品だ。
オープニングでいきなり小さな銃を使い男を射殺するケイティ・ホームズである。

小学校の教師をしながら、実は裏の顔を持つという設定である。小児性愛者とか犯罪者に対して遠慮せず攻撃をしかけるのだ。自らが正義の代表という感じ。
しかし喜びの報告の電話を親に入れたり、実はその親がいないっぽかったり、何だか怪しい要素が盛られていく。子供の頃の悪影響を受けたまま大人になってしまい、殺人の倫理観が吹っ飛んだケイティ・ホームズ。

本来、実力のある女優なんだと思います。これまで出演している作品選びも決して悪くない。見た目がどうにも少女っぽいといいますか、ケイティ・ホームズに大女優の風格はないと思うのですね。しかし本作でもとても儚げで、危険で、もろい存在をさらりと演じている。

他の出演者が多彩ならなおよかった。短いボリュームの佳作なのでぜひ。

あわせて読みたい