ビートルジュース

ビートルジュース

「ビートルジュース」を観た。

これ観たことない。なんか食わず嫌いで…なんでだろう。サスペンスっぽくないからかなあ。どっちかというと、車に乗ってタイムトラベルするような映画とか、テロリストに占拠されたビルで戦う映画とか、そういうほうが好きだな。

ウィノナ・ライダーが実に若いのである。
って、これティム・バートンすか…うーむ。

俺はてっきり、ビートルジュースが主人公かと思ってた。確かに主人公みたいなもんではあるけど、いまいちなストーリーのせいもあって、落ち着いて観られない。

ティム・バートンっていうのがなあ。

アレック・ボールドウィンは随分若いな。あと随分痩せてたんだなあ。
しかしなんといっても、西川のりお。吹き替えで観たんだけど、なんだこれ誰だっけと思ったら、西川のりおが吹き替えしてんのか!

最初は違和感ありまくりだったけど、それも終盤まで来ると慣れてきて、笑えるところもあったり。
あれはあれで大したもんである。人がこんな早口で喋れるのか、と思った。