リトル・チルドレン

リトル・チルドレン

「リトル・チルドレン」を観た。

なんか愛欲ものっぽいし、ケイト・ウィンスレットだし、新作といえども借りるのはどうなんだろうという作品。
しかしジェニファー・コネリーが出ているので…勇気を出して観ましたよ。

 
不倫の話。
それだけ…何とも言いようがない。あるところの奥さんと、あるところの旦那さんが、子供を挟んだ交流のなかで、まあ燃えちゃって燃えちゃって、という話。あと近所に変態が住んでいて…という話。

どんな話だよ。

 
ジェニファー・コネリーは旦那が浮気をしていることに途中でピンとくる妻役だが、えらく端役扱いだし「ブラッド・ダイヤモンド」と同じくらい、なんでこんなのに出るんだろう?と思わずにはいられなかった。

 
ケイト・ウィンスレットの体当たりが痛すぎてひどかった。

そうでなくでも、浮気なんて素材、なんか同情の余地が無さすぎて無さすぎて、もう少し何とかならなかったのかよ…と、観てる途中から頭を抱えていた。

 
近所に住んでいる変態の話…なんだったんだろうあれは。
意図はわからなくもないけど、それにしても面白くなかった。

 
酷評だなあ。

2006年(第79回)アカデミー賞
脚色賞ノミネート