母の日

「母の日」を観た。

ショートショートフィルムフェスティバル(SSFF)からコンテンツ提供を受けているdTVにて鑑賞。
メリッサ・レオ出演兼制作。2015年の作品だ。Jeff Tanという人が監督、脚本はGabriel Furmanという人で出演も。

メリッサ・レオが入院していてベッドに横になっている。傍らに息子が。息子はそろそろ行くよと腰を上げるが、母親メリッサ・レオは行かないでくれと泣く。そして…という作品。6分ほどのショート作品。

そうかなるほどな、という感じで終わった。
しかしメリッサ・レオもポテンシャル高い役者というかね…リアルすぎる年の重ね方ですよね。表情が。ポロポロ泣いてたら凄い緊張感を醸し出すという珍しいタイプ。ジュリアン・ムーアに近いところ。

しかしdTVのショートショートの作品詳細はSSFFから引っ張っているからしょうがないんだろうが、再生する前にわかるのは監督名くらいで、作品原題や出演者情報が薄いな。ホント使いづらい。

あわせて読みたい