エミリー

「エミリー」を観た。

dTVをお試ししている。洋画のラインナップは他サイトとそう変わるものではない。なぜdTVをお試ししているかというと、たまにU-NEXTとdTVでしか配信してない作品があったことと、月額500円なんでタダみたいなものだなと思ったから。

で、お試しを開始するまでは気づかなかったんだが「ショートショート」というコーナーがありますね。約1,000本もショート作品が置いてある。
そしてこれは、ショートショートフィルムフェスティバル(SSFF)のコンテンツ提供を受けていることで実現している。

ということで目についた「エミリー」を観た。フェリシティ・ジョーンズとクリストファー・エクルストンが出演。監督はCaroline Harveyという人。
12分ほどの短編だ。元彼の心の隙間を埋めるように、カフェで中年男性を誘惑し部屋に連れ込むフェリシティ・ジョーンズ。やることはやって、終わって男が出ていって、おしまい。

まあ…話は直球。2013年発表作品でフェリシティ・ジョーンズは制作も兼ねている。
中年男は理性的にみえて結局はフェリシティ・ジョーンズに陥落していた。まあそりゃそうだろうな。

あわせて読みたい