虚貌

虚貌

雫井脩介「虚貌」を読んだ。

バイト先の人に「これは面白い。読み出したら止まらない」と言われ、貸してもらった本だ。俺にとって全く無名の作家というか、いやそんなに本読んでないけどさ。二作目らしい。

確かに読み出したら止まらない本だった。つうかあっという間に読んだ。移動時間とかで読み進めたのだけど、三日くらいで終わった。読みやすいというのもある。この本はかなり読みやすかった。

で、感想なのだけど、第一章がすごかった。とにかく最初はめちゃくちゃ面白い。ところが物語の主人公っぽい人物がちっとも定まらない。そして定まってからは緩慢に進行していく。

犯人はかなり途中ではっきりする。伏線もたっぷりで、つまり何がいけないって最後になるにしたがって雑な印象を受ける進み方なのだ。

宮部みゆきの「火車」は俺は面白いと思うのだけど、これはラストまでしっかりよかった。それがなかった。

惜しい感じ満載なのだ。ただ、この人の次に出す本は読んでみたいなと思った。

何だか消化不良。

 

虚貌〈上〉 (幻冬舎文庫) 虚貌〈上〉 (幻冬舎文庫)

虚貌〈下〉 (幻冬舎文庫) 火の粉 (幻冬舎文庫) 栄光一途 (幻冬舎文庫) 犯人に告ぐ〈上〉 (双葉文庫) 犯人に告ぐ 下 (2) (双葉文庫)
by G-Tools