チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を観た。

トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンの3人が主役なので話題になりそうな大作ぶりだが、まったく知らなかった。
ヒューマンドラマっぽい。それとも風刺コメディなのか?前知識ないので予想しようもない。

観てみると、ああこれはヒューマンドラマですね。戦争が絡んだ、真面目な映画なのか。

 
これは観た後でわかることだが、予備知識あるとないで大違いだと思った。
アフガニスタン侵攻を軸にしたノンフィクションが原作なのである。

アフガニスタン侵攻 – Wikipedia

 
ソ連のアフガニスタン侵攻に対して、チャーリー・ウィルソンがCIAと組んで…とか。これが結果的にタリバンと9.11テロに繋がっていくことは知らなかった。

 
それはそうと、この映画で発見するのは、いわゆるCharlie’s Angelsとして登場してくる、チャーリーの秘書たちだ。
どっかで見たなあと思ったら、エイリアス第5シーズンで活躍したRachel Nicholsではないか。あと「魔法にかけられて」のAmy Adamsや、ER第1シーズン第1話で勝手に注目されてロズウェルでブレイクしたShiri Applebyもいる。

そんなこんなで、ジュリア・ロバーツが霞みまくったのだった。
(あのメイクは無いと思った)