45歳からの恋の幕アケ!!

45歳からの恋の幕アケ!!

「45歳からの恋の幕アケ!!」を観た。

The English Teacher

ジュリアン・ムーア主演のラブコメ…か?邦題通り主人公は45歳となっているが演じるジュリアン・ムーアは50歳すぎで、とにかくアラウンド50な作品なのです。
なんと「11ミリオン・ジョブ」で怪演のマイケル・アンガラノが主役格。脇役にリリー・コリンズとかNathan Laneという配置。そして安定のグレッグ・キニア。

ジュリアン・ムーアは高校教師で(原題は「The English Teacher」であり、つまりは国語の教師ということですね)、卒業生マイケル・アンガラノが書いた脚本が素晴らしいので高校生劇団で上演するべく奮闘する。そんな中、はずみからジュリアン・ムーアとマイケル・アンガラノは寝てしまうのだ。いかんいかんと自制するジュリアン・ムーアだが抑えが効かず…という話。

はずみで寝てしまうのは一回だけで、別に官能の話ではないです。ジュリアン・ムーアが45歳にして悶々としてしまうところと、果たして無事上演できるのかという話が並行して進む。最終的には良かれと思って改編して上演することで問題になったり、本当の恋が見つかりそうになったりと色々エピソードあり。
悪くないと思った。マイケル・アンガラノの演技が他と違って好青年という立ち位置なのとリリー・コリンズの脇役すぎる扱いが勿体なく感じたが、この作品のターゲットはアラウンド50でしょうしね。リリー・コリンズは生意気な脇役という爪痕をのこすくらいが関の山なのでしょう。

しかしジュリアン・ムーアは出演作多いねえ。

あわせて読みたい