最後の追跡

「最後の追跡」を観た。

Netflixにて「Netflixオリジナル」と表記してあるが、これはオリジナル制作だけでなく配信も含む。本作は2016年の作品で他国では通常の公開。これからもこういうの増えるのだろう。DVDスルーとなるかネット配信か。

クリス・パイン、ベン・フォスター、ジェフ・ブリッジス出演のクライム・ムービーだ。
冒頭からクリス・パインとベン・フォスターが銀行強盗をそこそこ手際よくこなす。少額を狙う。カジノで換金を経ることでちょっとしたマネー・ロンダリングとなる。そうやって得た金を、両親から受け継ぐ土地(リバース・モーゲージで差し押さえされてる)を守るために使った。

ジェフ・ブリッジスは追跡する保安官として。邦題「最後の追跡」は、定年前の最後の追跡みたいな意味になってる。

クリス・パインとベン・フォスターは兄弟なんだがベン・フォスターはやや狂気めいている。最終的にはクリス・パインは負傷して、弟を逃がすためベン・フォスターは高所から警官たちを狙撃してひきつける。

小規模な作品ながら雰囲気もあり、熱演によってクオリティ高められていたと思う。やっぱりベン・フォスターが良い。
クリス・パインとベン・フォスターといえば「ザ・ブリザード」で共演している。ベン・フォスターは良い役者なんだが見た目がなあ…かなり損するタイプなんだろうか。演技力やフィルモグラフィーは素晴らしいものがあり、いずれアカデミー賞間違いないと思う。

なお、原題の「Hell or High Water」は「たとえ火のなか水のなか」「何がなんでも」といった意味があるらしい。
ここでやっと気づいたのだが、「ER」でロス先生奮闘の第2シーズン「Hell and High Water(地獄からの救出)」は、この言葉を兼ねているのですね。しかもHigh Waterがまさにドラマのなかのギミックでもあるし。なるほどねえ。

2016年(第89回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
助演男優賞ノミネート(ジェフ・ブリッジス)
脚本賞ノミネート