Undertale をクリア

Undertale をクリア。
やたら評価が高いゲームで、Steamセールで買ったはいいものの超序盤で何かとっつきにくい印象だったためすぐ積みゲーになっていた。

短い時間でクリアまで行けるようなので、頑張ってプレイした。

「頑張ってプレイした」という書き方が象徴しているように、俺はあまり楽しめなかったのである。
基本、このゲームは事前知識なしでプレイすることを強く推奨されている。もしまだプレイしてない人で購入を検討しているなら以下は読まないほうがいいと思います。

いわゆるノーマルエンド(Nルート)とグッドエンド(Pルート)は観ている。もう一つのGルートは観ていない。そのエンディングを観るためにもう一周するのはキツい。
初回はノーマルエンドだったが、その際に既にEXP0でクリアしているので、すぐにPルートに到達できている。だからPルートのためにやり直したわけではない。

NルートもPルートも、最終的に深い感動があったかというと微妙だった。
世の評価の高さとして、Pルートを体験することで「EXP0である意味」「主人公の正体」「友情パワー」などの要素を知って、深い感動があるという前提であると思う。あと全体的に「既成のゲームにとらわれないシステム」「ジョークと愛に満ちたギミック」「サントラが良い」などがあるのだと思う。

俺は否定的なんだけど、世の評価が高いということとその高さの内容が上記であると認識したうえで書くが、それらの要素がそこまででもないと思うのだ。これだけ評価が高いというのは、RPGという概念を突破するだけじゃなくてゲームという概念を突破してくる(第4の壁を破ってくる)のかと期待したが、そうではなかった。
ストーリーの熱さっていうのも、昔ながらのJRPGでは既に搭載されているようなものだ。主人公という揺るぎないピュアな善がいて、悪がいて、周囲の友人は主人公に同調してラスボスでガンガン関与してくるという構図だ。ゼルダでもドラクエでも同じだ。

戦闘システムが基本的に弾幕系というかアクションゲームなのです。こちらは「戦う」「話す」「許す」などコマンド選択式で、敵のターンになると弾除けアクション。なんだそれ…と最初に思った違和感が最後まで続く。雑魚敵は選択次第でうまく解決できるし、中ボス戦では敵の攻撃が激しくテクニックが要求される。
進行上のフラグ立てと、突然要求されるアクションスキル。うまく繋がらない。何でこんなことさせられるんだと思える。
あと雑魚敵に対してコマンド選択で「なでる」「褒める」とか出てきて正解を探るのが(ある程度推測はできるけど)総当りになるところも面白みがない。

序盤の惹き込みが弱いと思う。グラフィックとか操作性とかはやや不利だと思うので、「このゲームには仕掛けがあるんだ」くらい言い切るとかして継続させる仕組みを作らないと厳しいと思った。やたら高い評価があるがゆえに我慢してプレイしたが、あれがなかったらホント10分くらいで止めてしまってそのままになった可能性は高い。

あとグラフィックですね。
何でああいう感じなんですかって本当に思う。味のある世界観という言い方もあるんだろうけど、やっぱりショボいでしょう正直。ドット絵の回顧というかそこを狙った他のゲームはハイセンスの結果でそうなってるだけであって、先を観たいという気に一切させてくれない表現力だと思う。インディーズならではっていうのは理由にならない。

総じて、えらく評価が高いゲームだから我慢して最後までやったしトゥルーエンドも観たうえで言うなら、過大評価であると思うし、もっと面白いゲームはたくさんある。敵の攻撃バリエーションは柔軟に作られているのでもったいないと思った。