デモリションマン

「デモリションマン」を観た。

なんでだか観た。昔の作品。1993年かあ。何度か観てる
シルベスター・スタローンとウェズリー・スナイプス。「スピード」でブレイクする前のサンドラ・ブロックが出演してる。

マッチョ刑事のスタローンが凶悪犯のウェズリー・スナイプスを捕らえる。しかし行き過ぎた捜査から罪に問われて自身も受刑。冷凍処理される。未来になって2032年に、ウェズリー・スナイプスが解凍されたところを逃亡。奴を止められるのはデモリションマンだけだ…と、スタローンも解凍されるという話。

なんでだか観た、と書くのはこの作品がそんなに面白くないことは元から承知だからだ。何故か記憶に残る本作だが、チープな未来世界観といい、出てる役者陣といい(特にウェズリー・スナイプスの荒れ方がひどいと思う)、演出といい、これが1990年代の作品なんだろうかと思う。
それでもサンドラ・ブロックの初々しい感じとか結構あなどれない感じで、つい観てしまう。

あと貝殻3枚の謎。あれって赤い洗面器の男みたいなもんだよね。