クローバーフィールド/HAKAISHA

クローバーフィールド/HAKAISHA

「クローバーフィールド/HAKAISHA」を観た。

Cloverfield

観たのは6年ぶり3回目。
以前観た際と同じ感想で、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」を祖とするモキュメンタリのこれまた最新CG作品というやつです。

思いのほか長い導入部(自由の女神の頭部が吹っ飛んでくるまでが長い)、傾いたビルの屋上からつたって侵入するところが実にFPSゲームのようで、最後は公園で終わるところはすっかり忘れてました。てっきりヘリが落ちておしまいかと勘違いしてた。2回観ててこれだ。

思いのほか観るたびにそこそこ楽しめる一品である。
登場人物たちは無名に近く、オデット・アナブル(出演時は結婚前でオデット・ユーストマン)は日本ではCMに出てるくらいでしょうか。実際にはその後も出演作は続いている人たちだが、いまいちパッとしない。そこそこ達者だと思うのですが。

こういう揺れる映像は人を選ぶだろうな。