AVIADJST

バック・トゥ・ザ・フューチャーの編集は、うまくいった。
音がずれているのを補正するソフトで、AVIADJSTというのを見つけてきた。

少しずらしては再生、ずらしては再生、と繰り返して、どうやら30msくらいずれてるようだな。と結論づけてよしとしたんだけど、考えてみればこの「ずらす」というやり方では、結局ファイルの最初と最後で無音部分が発生したりして、最終的に3つのファイルを繋げることを考えると、よくはない。

もう一度エンコードをやり直す。AviUtlで音声の位置補正ができるが、それがなんとデフォルト(もしかしたら昔にいじってその設定を記憶してたのかもしれないけど)で33msずれていたのだ。

なのでそれを戻して再エンコード。
見事にずれなかった。

そいで3つのファイルを繋げてみて、繋ぎ目もそう悪くない感じになったので終わりとした。
10GBのファイル。・・・

LinkStationの「DISK FULL」ランプが赤く点灯した。もうほとんど空き容量はなし。

「悪女について」の研究、急がねば。
早くこいつを終わらして、「XZR」の攻略をしてみたいもんです。

ゲームでやりたいところは、「XZR」とか「死霊戦線」の1あたり。前にも書いたが、ファミコン版「ダイ・ハード」も惹かれるところ。
本でやりたいのは、「悪女について」が終わったら、東野圭吾の「白夜行」「幻夜」をやりたいな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です