デジカメ修理代23,000円

ビックカメラに修理依頼してたデジカメ、もし修理費用が10,000円を超えるようだったら電話してくれることになってたのだが、その電話が今日来た。

聞いてみると、23,000円。たっけーなあ!

しかし他にどうしようもないし、この電話してきてる女性が修理するわけじゃないんだろうからどうにもならんのかなあと思い、承諾。

ここから2?3週間したら修理が終わって店に戻ってくるんだと。

これまでの期間はなんだったんだろう。
見積もり待ちだったんでしょうか。世の中は、そんなにデジカメが壊れているの?

昔を思い出したが、学生のときプレイステーションを買って、しばらく使ったころ「ブルー・シカゴ・ブルース」というゲーム(二枚組、JBハロルドシリーズの当時は最新作だ)のディスク交換がうまくいかなくって(ディスクを交換したら、ゲームが続行しない)、どうしたもんかと思いコールセンターに電話した。引き取りに伺いますって言うので、そうかあと思ってたら次の日にやってきた人は引き取るかわりに新品を置いていった。こちらが最新なのでこちらで試してみてください。というわけだ。
驚いたものである。

まー比較するのもどうかと思うけど。

 

PCゲームBestシリーズ Vol.45 ブルー・シカゴ・ブルース
PCゲームBestシリーズ Vol.45 ブルー・シカゴ・ブルース
サイバーフロント 2001-01-26
売り上げランキング : 9690

Amazonで詳しく見るby G-Tools

しかしデジカメ早く戻ってきてくれんかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です