迷宮

meikyuu.gif

清水義範「迷宮」を読了。
この人がこういう話を書くとは意外な感じがした。
でも、「青山物語」とかで小説家を志して作風で悩む姿を見るにつけ、やはり、この人は根底で小説家でありたいと思っているのかもしれない、と思った。

「迷宮」はリブロでずっと前に購入してたんだけど、リブロの袋に入れたまま棚に放り込んでしばらく忘れてた。年末に掃除して気がついて、いそいそと読み始めたのだ。

一緒に購入したのは歌野晶午の「ブードゥー・チャイルド」。「葉桜?」を読んで以来、他作品をほとんど読んだが、「葉桜?」以外でこれという当たりがない。
いつ買ったんだったっけ。秋ごろか?

さて「迷宮」は、記憶を失った「私」にある男が治療のためと称して、とある事件の記録を読ませる。その猟奇殺人事件の、経緯記録や証言、雑誌記事などを読んでいって、「私」に変化が・・・みたいな話だ。

うーん、まあまあかな、と。そんな面白くないわけじゃなかったが・・・落ちが読めてしまった。
意外な結末でした。